定休日なし、大阪エリアで人気の訪問鍼灸・訪問マッサージ(紹介)ならからだ鍼灸治療院へ!

リハビリと訪問マッサージの違い

日常生活を快適に行えるようにする施術として、「リハビリテーション(以下リハビリ)」もあります。

訪問マッサージ(鍼灸)と目的は同じなのですが、リハビリテーションは「理学療法士」が行い、訪問マッサージ(鍼灸)は「按摩マッサージ指圧師・鍼師・灸師」が行います。そもそも施術方法・施術行程が違いますので、リハビリと訪問マッサージ(鍼灸)の違いを解説しましょう。

リハビリ

理学療法士が医師と相談して、リハビリ実施計画書を作成し、それに基づいて理学療法士がリハビリを行います。リハビリは医学的な医師の医療行為の一環として行われるので、リハビリを行う方を「患者さま」と呼びます。当然、医療行為ですから健康保険の適用があります。

また医師が、理学療法士が作成したリハビリ実施計画の評価をもとにリハビリの効果を医学的に判断し、患者さまの現状に即したリハビリが行われるよう、定期的に見直しを行います。

介護保険適用の患者さまに対しては、通常ケアマネージャーに相談して主治医の同意を得るのですが、患者さまが主治医に相談して、医師から訪問リハビリの指示を理学療法士が直接出す方法にしてもらうことができます。

訪問マッサージ・訪問鍼灸

訪問マッサージ・訪問鍼灸は厚生労働省の通達に従って、按摩マッサージ指圧師・鍼師・灸師が行います。按摩マッサージ指圧師・鍼師・灸師は国家資格として厚生労働省で定められていますが、マッサージ・鍼灸は医療行為ではないので、施術を受ける方を「患者さま」ではなく「利用者さま」と呼びます。さらに、通常医療行為ではないので、原則健康保険の適用外の施術となり、施術費用は全額自己負担となっています。

しかし、かかりつけの医師(主治医)の同意があれば、医療行為の一環として健康保険適用となりますので、まずはかかりつけの医師にご相談下さい。現在、要介護認定を受けて訪問リハビリや訪問看護のマッサージを受けていらっしゃる方も同様です。

施術者は、医師の同意書から利用者さまの治療状態を把握し、まず利用者さまの施術をして、その効果を施術者が判断します。

マッサージの施術について医師への判断を仰ぐことはありませんので、理学療法士のように治療計画に沿ったリハビリではなく、利用者さまのその日の状態に即した施術を即座に行うことができます。また、効果も施術者の経験と腕にかかっています。 按摩・鍼灸は西洋医学とは異なり、東洋医学の知識をもとに、血流を良くし、つぼを刺激することで、痛みや痺れを緩和し、自己治癒力を高めるお手伝いをする施術です。

介護保険の適用のない訪問マッサージ(鍼灸)も、介護保険のリハビリと健康保険の訪問マッサージ(鍼灸)を併用して介護プランに組み入れることができますので、ご希望の方は1度ご相談下さい。

end_pic.jpg

からだ鍼灸治療院ご案内

〒552-0011
大阪市港区南市岡3-7-21ネバーランド弁天町1008

大阪市全域へお伺いします!

大阪市全域へお伺いします!
お問い合わせご予約

0120-611-619

受付時間

【受付時間】AM9:00~PM21:00
【定休日】 なし

0120-611-619